栗原研究室
早稲田大学先進理工学部物理学科
早稲田大学大学院先進理工学研究科物理学及応用物理学専攻
〒169-8555 東京都新宿区大久保 3-4-1 55号館N棟 03-04B

研究紹介

卒論・修論・博論

栗原研究室では各自興味を持ったテーマを自由に探し、先生や他のメンバーと相談しながら卒論・修論を進めていき ます。

最近の卒論・修論・博論テーマは以下のとおりです。(タイトルをクリックするとPDF/PPTが見られます。)

2016 年度修論

宮澤 理沙 軌道間ペアリングを持つ重い電子系超伝導の理論

2016 年度卒論

衣袋 康太 八角光格子中の冷却原子系
川野 雅敬 反転対称性のない一次元電子系における電化ゆらぎ効果
徳永 睦月 2バンドHubbard模型に基づく励起子絶縁体の理論

2015 年度卒論

奥村 駿 三重量子井戸における永久Skyrmion格子とそのダイナミクス
段原 大二郎 異方的パイロクロア格子における”磁気モノポール”の秩序
福井 毅勇 奇周波数超伝導体の対称性と磁場中相転移

2014 年度卒論

三ノ宮 典昭 擬一次反強磁性体の磁化
丸山 翔平 多重Dirac cone状態を持つフォトニック結晶
宮澤 理沙 電場によって誘起されるマルチギャップ超伝導

2014 年度修論

中村 直人 スピン分極したHubbard模型の超流動と擬スピンの秩序
呂 和道 カゴメ格子反強磁性体の長距離秩序とスピン波励起

2013 年度博論

増田 啓介 強相関電子系における多軌道超伝導の理論

2013 年度卒論

黒須 崇寛 1次元超伝導体のマヨラナ端状態
白井 優美 カイラル秩序をもつ磁性体のスピンダイナミクス
杉田 悠介 空間反転対称性を破る超伝導体のギャップ構造
鳩村 拓矢 Spontaneous Two-Triplon Decays in Dimerized Heisenberg Antiferromagnets on the Triangular Lattice

2013 年度修論

東 大徳 二次元光超格子系における冷却Bose気体の超流動安定性
久保 百合香 2次元反強磁性体の非線形効果とスピン伝導
後藤 慎平 電子相関によるトポロジカル絶縁体相
山村 宏樹 超流動Fermi気体の集団励起と安定性

2012 年度卒論

中村 直人 光格子中における非対称二成分フェルミ気体の超流動
西井 聖大 非自明なZ2不変量に起因するスピン輸送

2011 年度卒論

後藤 慎平 異種トポロジカル絶縁体接合の理論
山村 宏樹 異種2成分フェルミ気体における超流動状態の解析
久保 百合香 量子スピン鎖におけるスピン・熱の伝導

2011 年度修論

八木庭 涼平 光格子中のボース気体の超流動臨界速度-変分モンテカルロ法による解析-

2010 年度卒論

山本 哲也 トラップ中原子分子混合気体における相分離
柴田 光隆 原子-分子Bose-Einstein凝縮体のダイナミクス

2010 年度修論

足立原 慎吾 遷移金属酸化物における金属絶縁体転移
野村 隆夫 ジグザグ端グラフェンナノリボンにおけるハーフセミメタリシティ
西井 淳 一次元ボース粒子系における不純物散乱問題
村山 大河 2成分フェルミオンの集団振動における減衰
増田 啓介 多バンド超伝導体におけるコヒーレンス効果

2009 年度卒論

岩浅 歩 強磁性体表面に吸着したナノクラスターの磁気秩序
小方 宏一 固体4Heにおける非対角長距離秩序
北尾 雄志 超流動−超固体の相転移
八木庭 涼平 軌道自由度と超伝導

2009 年度修論

湯前 慶大 光格子中における2成分超流動フェルミ気体の安定性

2009 年度博論

山本 大輔 量子スピン系におけるグリーン関数法

2008 年度卒論

足立原 慎吾 金属絶縁転移の軌道依存性
工藤 航 二次元量子ドットにおけるスピン分極
野村 隆夫 電場中のジグザグリボンにおける磁化の解析
増田 啓介 2バンドHubbard模型における超伝導の解析

2008 年度修論

市原 遼子 二重井戸型ポテンシャルにトラップされたボース・アインシュタイン凝縮体の安定性
大澤 賢太郎 ファノ効果により誘起されるジョセフソン接合の0-π転移
中林 淳 ジグザグ端グラフェンリボンにおける選択的電気伝導性

2007 年度卒論

西井 淳 Y接合系におけるカレントの解析
湯前 慶大 光子格子中における超流動フェルミ気体の安定性

2007 年度修論

山本 大輔 量子スピン系におけるグリーン関数法〜t-Jモデルの擬スピン表示〜(物性研究 91-3 (2008年12月号) 掲載)
寺川 祐樹 急速に回転する二層ボース凝縮気体における量子揺らぎの効果

2006 年度卒論

市原 遼子 一次元二重井戸ポテンシャル中のボース・アインシュタイン凝縮
大澤 賢太郎 量子複合系を介した超伝導電流の理論的解析
田代 憲司 スピン自由度のある一次元ボース粒子系の集団励起
中林 淳 カーボンナノチューブにおけるクライン パラドックス

2006 年度修論

柴田 浩行 ボソン・フェルミオン混合系におけるBCS-BEC Crossover
鈴木 和寿 2次元電子系におけるスピン蓄積

2006 年度博論

上出 健仁 Theory of Phase Transition and Quantum Transport in Interacting One Dimensional Electron Systems
段下 一平 Bose-Einstein Condensation in Non-uniform Systems
余越 伸彦 Josephson Current and Current Noise through Tomonaga-Luttinger Liquid

2005 年度卒論

飯ヶ谷 清仁 Landau Damping in Moving Dilute Bose Gases
寺川 祐樹 Vortices in a Disk-Shaped Superconductor
山本 大輔 Effective Hamiltonian for Strongly Correlated Quantum Systems

2005 年度修論

江川 恭太 引 力系ボース凝縮体における量子渦
塚田 悠司 朝永-ラッティンジャー液体のラダー模型
山口 雄輔 超伝導磁束量子ビットのデコヒーレンス

2005 年度博論

吉元 広行 低次元フェルミ系における集団励起と熱電輸送

2004 年度卒論

柴田 浩行 Feshbach共鳴によるアルカリ中性原子のBCS- BEC Crossover
鈴木 和寿 量子ドットにおけるスピン軌道相互作用の効果
成瀬 徳和 スピンホール効果

2004 年度修論

段下 一平 Tunneling Phenomena in Bose-Condensed Systems
柳 至 Bosonization Approach to the Edge Reconstruction in a Two-Dimensional Quantum Dot
山口 正人 カーボンナノチューブロープにおける超伝導

2003 年度卒論

江川 恭太 スピン自由度のあるボース凝縮体の量子渦
塚田 悠司 スピン偏極したラッティンジャー流体のトンネル現象
山口 雄輔 ボソンとの相互作用による二準位系のデコヒーレンス
渡辺 祥則 光学格子中のボソン・フェルミオン混合系

2003 年度修論

金井 一広 スメクティック液晶の相転移の現象論
上出 健仁 Zeeman Effect on Resonant Tunneling in Tomonaga-Luttinger Liquid
武井 俊二 一次元SNINS接合におけるJosephson効果とTomasch振動
余越 伸彦 ス ピン偏極したLuttinger流体を通るJosephson電流

2002 年度卒論

段下 一平 光学トラップ中のスピン自由度のあるボース凝縮系(Microsoft PowerPoint file)
柳 至 楕円型量子ドットの電子・フォノン散乱(Microsoft PowerPoint file)
山口 正人 1次元 量子系の超伝導・絶縁転移(Microsoft PowerPoint file)

2002 年度修論

ヴァルタン 光 ボー ズ・フェルミ混合超流動原子気体の集団励起(Microsoft PowerPoint file)
斉藤 有平 超伝導磁束量子ビットにおけるエンタングルメント(Microsoft PowerPoint file)
矢内 雄二郎 2次元系における超伝導と電荷密度波の共存(Microsoft PowerPoint file)

2001 年度卒論

金井 一広 スメクティックCA相を示す液晶の相転移について
上出 健仁 Carbon Nanotubeのバンドに基づく繰り込み理論
武井 俊二 磁場中の超伝導ネットワークにおけるI-V特性
余越 伸彦 3He-4He混合薄膜におけるphonon- exchangeの効果

2001 年度修論

岡野 勇一郎 固体Josephson接合Q-bit素子におけるマイクロ波制御
小坂 由起子 パニック状況における群集流のダイナミクス
土屋 俊二 Quantum Vortex Dynamics in 2-Dimensional Josephson Junction Arrays
松本 裕輝 量子コンピューターとコヒーレンス
吉田 大悟 超流動3HeにおけるJosephson効果